一軒家

注文住宅で住み心地バツグン|上手に建てるノウハウとは

人気の高い木造建築

住宅

耐震性の高さが人気

現在の一戸建ての主流は木造建築です。その主な理由は、鉄筋コンクリートと比べて耐震性能や耐火性能に優れている点と、気密性や断熱性においても優位性が有る点です。そして静岡県は全国的に見ても以前より地震に対する防災意識の高い地域です。そのため、住居に対しても高い耐震性を求める傾向があります。その結果、より強固な耐震性能を備えた住居である木造建築の注文住宅に対する人気が高いのです。更に静岡県では一戸建て住居を新築する際に、地元で生産された優良な木材として認証されたしずおか優良木材等を、使用する全木材の50%以上で使用すると最大で30万円の助成金が支給されるという助成事業もありますので、木造の注文住宅を建築することに対する魅力が一層高くなるのです。

太陽光発電導入家屋の増加

また、静岡県は全国的に見ても年間を通じて晴れの日が多く、温暖な気候の地域ですので、太陽光発電に向いています。そして、大都市圏と比べれば地価も安いので、比較的敷地面積の広い一戸建てを購入しやすい地域でもあります。加えて、技術の向上や生産コストの低下によって、太陽光発電の設置費用は年々低下傾向にあり、その低下度合いは補助金や売電価格の低下よりも更に大きくなっていますので、太陽光発電を一戸建て住居に設置するコストは今後益々低下する流れにあります。こうした背景も、太陽光発電を容易に設置できる注文住宅が、静岡県で人気を集める理由の一つなのです。このような、地震に強く、助成金の支給や光熱費の削減による経済的なメリットも享受しやすいという点が、静岡県で木造の注文住宅に人気が集まる理由なのです。