一軒家

注文住宅で住み心地バツグン|上手に建てるノウハウとは

木造一戸建てにメリット

部屋

多様な助成事業

岡山県は住居を購入する際に注文建築などで木造の一戸建て住宅を建てることにより、補助金の助成が受けられるなどのメリットが多い自治体です。具体的な助成事業の一つが平成27年度に岡山県の林政課が実施している、岡山県産の乾燥材を使用した木造住居の新築や増築、リフォームに対する助成です。この助成事業は補助金額が異なる2種類の事業があります。2種類共に受付可能枠数に上限がありますので、年度内であっても受付数が受付可能枠数の上限に達した時点で締め切られます。この他にも岡山県内では岡山市が実施しているスマートエネルギー化に資する太陽光発電システムやホームエネルギーマネジメントシステムなどを住居に導入することで助成の対象となる事業など市町村が独自に行っている多様な助成事業もありますので、岡山県産の乾燥材を利用し、環境負荷の低い木造一戸建て住宅を新築したり増改築することに対してメリットがあるのです。

太陽光発電に適した気候

また、岡山県は年間の降水量1mm未満の日数が47都道府県の中で一番多いという統計結果を気象庁から公表された実績があるように、全国的に見ても晴天の多い地域です。ですので、市町村による助成事業の有無を抜きにしても、全国的に見て太陽光発電に適した気候を有する自治体と見なすことができるます。言い換えれば、太陽光発電のための機器類を住宅に設置した場合に期待できる光熱費の削減額も全国的に見て比較的大きな額となり得るのです。このように木造一戸建て住宅に対して多様な助成制度が存在する上に太陽光発電に適した気候も有していますので、岡山県は環境負荷の低い高品質の木造一戸建て住宅を建てることに適した地域と言えるのです。